実はこちらが後継機種・・・(モトスキャナー ECUテスター )

お知らせ

一番最初にハッキリと前置きをしておきますが、安全点検もせずに、このモトスキャナーで、エラーだけを都合良くリセットすることはお勧めしません。

それは、結果の悪かったテスト用紙を隠す子供と同じです。

先日、お客様から問い合わせがありました。

この2種類のアダプターはどう違うのか?

上記のアダプターは、いずれも同じメーカーの物です。

多くの方が勘違いをしているようです。右側のUniCarScan(黒)が、左のODBLink LX(黄緑)の後継機種です。

基本的な機能は同じですが、将来的な拡張性(新しいモデルへの対応など)の観点から、後継機種のUniCarScanをメーカーに薦められました。

寄せられる問い合わせの中には、このテスターの用途を勘違いしている人もいます。
ちょうそど良い機会なので、モトスキャナーが何かを簡単に説明します。

ECUスキャンをするには、青い部分と赤い部分の両方が必要です。

上記のアダプターは、図の青い部分に相当します。バイクのECU(コンピューター)の中身を読み込むためのコネクターです。

そして、その読み取ったデータを表示するための端末が必須です。具体的には、専用アプリの入ったスマホ。図の赤い部分に相当します。(※モトスキャナーは主にBMWバイク専用です。他のメーカーには対応していません。)

ODBは標準規格化された物理コネクターの総称で、近年は車輌メーカーを問わず、同一形状のコネクターが自動車やバイクに装備されています。(コネクター形状を統一して、保守をしやすくするため。)

中には、車輌メーカーの思惑で、ODBとは異なる独自形状のコネクターを取りつける排他的、閉鎖的な例もあるようです。

ODBに取りつけるアダプターは、様々な種類が流通しています。安物買いの銭失いにならないように、慎重に調べて下さい。

ELM327は、標準規格化されたソフトウェア(アプリ)の総称と解釈して良いでしょう。ただし、メーカー、車種、年式、どの程度の読み込み、書き込みができるかは、アプリの種類によって異なるので、購入前に使う目的を明確にし、車輌との適合をしっかり確認しましょう。(この部分は、ダイアグノスティクス、または、ダイアグとも呼ばれています。要はテスターです。)

手に入れたアダプターとアプリが繋がらない、または、繋がっても思った通りの操作ができない場合、いくつかの原因が考えられます。ODB内部の部品、ケーブル、ELM327の相性が複雑に関係しています。さっさと諦めましょう。

当店が貸し出しをしているモトスキャナーは下記のように使います。
※レンタルパックには全てが含まれています。

希に、ECUの細部までまで自分好みに書き換えたい(コーディングしたい)といった野望を持った方がいますが、そういう方にモトスキャナーはお勧めしません。コーディングができる専用器をお買い求め下さい。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気記事

  1. BMW R18 エンジンガード

  2. 【在宅プロジェクト】BMW R nineTのシート固定ボルトを交換!

  3. BMWのドライブシャフトの自主点検

  4. BMW R nineT Racer ハンドルポジション調整キット(その1)

  5. 【新商品】BMW R nineT スピードメーター・プラス

  6. BMW GS Adventureのアルミパニアをグレードアップ!

  7. そのステッカー貼り作業、ちょっと待った!

  8. BMW R1250RT のエンジンガードとオイル交換

  9. BMW R1250RT 2021モデルにエンジンガードとパニアガードを装着

  10. 【在宅プロジェクト】BMW R nineT Urban G/S グラフィックスキット

TOP
テキストのコピーはできません。