個性、快適性、実用性、自己満足を求めるならバンザイ・モーター・ワークス!

純正パーツ至上主義のジレンマ

以前、某社にBCDとのコラボレーション企画としてスリムリッドを提案したことがあります。

コレです!

このBCD社製のスリムリッドは、世界的にも長年安定した需要があり、安全性も担保されているので、メーカー(日本現法)が認める付加価値のパーツとして販売を検討してみてはどうか、といった内容でした。

私:スリムリッドは人気もあり、消費者がネット通販詐欺に引っかかったりした悪い事例もあります。


そこで、メーカーを通じて、車輌の販売店がスリムリッドをお客さまに提案したり、お客様が安心して販売店で購入できるようになれば好都合ではないでしょうか?

 

メーカー担当者: ご存知の通り、純正品を推し進める立場なので難しいかと思います。

フムフム・・・いかにもといった答えです。

ものの数分で提案は終えました。

そして、回答を文面通りに受け取る前に、改めて強調しておきます。

担当者には大切なポイントを伝えました。

販売店やお客様のために検討してみては、と。

そして、その回答は

メーカーの方針として、純正部品が第一!

つまり・・・

販売店や消費者の利より、純正パーツ至上主義

・・・ということでしょうか?

担当者も現地法人の雇われの身ですので、色々な社内事情があるでしょうし、仕方が無いかもしれません。

さて、ここまでの話しを整理してみましょう。

車輌を販売する現場は、これを読むと複雑な気持ちかもしれません。

しかし、商売の基本は、メーカーありきではなく、消費者ありきです。

メーカーにしても、車輌販売店にしても、当店にしても、何を扱っているかではなく、それを販売することが共通の目的です。

売れなければ、商売が成り立ちません!

そこで、当店では、販売店を介さずにお客さまに直接販売できる商品は、その分販売価格を安くするように方針を変えました。(実際、業販不可の表示のある製品の価格は以前より安くなっています。)

簡単にいうと、バイクメーカー取り計らいで、消費者は従来より商品が安く買えるようになった、という事です。 

過去には「業販をしてくれないケチなパーツ屋」とある車輌販売店に罵られたこともありますが、業販の対象商品を減らした切っ掛けは上記の通りです。

※勘違いの無いように強調しますが、当店の安全方針として、取り付けの難易度が高いパーツ類は、車輌販売店にお願いして取り付けて貰う、という方針は不変です。

これまでは、消費者は販売店に足を運んで車輌を見たり、購入する仕組みが当然でした。

それは車輌の購入にあたり、選択肢が多く、プロのアドバイスが必要だからです。

しかし、販売する対象を「メーカー純正のみ」といったように限定すると、もはやネット通販で購入できる巷の電化製品と同等になってしまいます。

製品の標準化をすればするほど、その価値が陳腐化して当然ではないでしょうか。

今後は、アメリカの電気自動車メーカーのテスラのように、お客さまがバイクや車をインターネット経由で試乗申し込みができたり、クレジットカードで購入するのが当然になってくるかもしれません。

もしかして、某メーカーもこういった目論見があり、次世代の販売の準備しているのでは?(よく知らないですけれど。)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。