BMW R nineTシート固定ボルト

オススメ

上記の写真は単なる蝶ねじです。

BMW R nineTのオーナー以外には、この価値はわからないでしょう。

でも、R nineTオーナーはこの写真を見ると、あ〜これこれ、とピンとくるようです。

当初のアイデアでは、パーツの見た目を良くするために、指のかかる部分(ノブ)がプラスチックやゴムで大きめのタイプを考えました。

ところが、それだとデメリットもある。

  • プラスチックやゴムはいずれ劣化する
  • 砂や泥にまみれたり、濡れると滑りやすい

もし、プラスチック・ゴム製のノブの部分が劣化で壊れたら肝心のネジが外せなくなる。外しにくいネジでは交換する意味が無い。

ましてや、指のかかる部分(ノブ)が重量感のある金属製だった場合、走行中にこれが脱落して、後続車両のフロントガラスにそれが当たったら大変です。

そこで、このネジの取りつけ部分は外から見えないので、実用性を優先して金属製の蝶ねじを採用しました。

金属製蝶ねじのメリット

  • 劣化しにくく丈夫
  • 指がかかりやすい
  • 力をいれやすい
  • 軽量

そもそも、メーカー出荷時にこうすれば良さそうなものです。しかし、そこはメーカーの方針なのでしょう。

 

純正パーツ第一主義 

と皮肉はさておき。

このR nineTシートボルトですが、1点ご注意下さい。

取りつけの際は、シートを上から押さえながら、ネジをしっかりと締めること。

現在の商品は、加工した蝶ねじ、スプリングワッシャー、平ワッシャーの3点で構成されています。

このシート固定ボルトがユルめだと、走行中の振動で緩みだして脱落する可能性もあります。

固定を目的としたネジは、しっかりと締めるのが原則です。

このネジが不意に外れたら後続車両に迷惑をかけないか・・・と心配な方は、万が一の脱落防止のために上からガムテープなどを貼っておけばより安心です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気記事

  1. BMW R18 エンジンガード

  2. 【在宅プロジェクト】BMW R nineTのシート固定ボルトを交換!

  3. BMWのドライブシャフトの自主点検

  4. BMW R nineT Racer ハンドルポジション調整キット(その1)

  5. 【新商品】BMW R nineT スピードメーター・プラス

  6. BMW GS Adventureのアルミパニアをグレードアップ!

  7. そのステッカー貼り作業、ちょっと待った!

  8. BMW R1250RT のエンジンガードとオイル交換

  9. BMW R1250RT 2021モデルにエンジンガードとパニアガードを装着

  10. 【在宅プロジェクト】BMW R nineT Urban G/S グラフィックスキット

TOP
テキストのコピーはできません。