お待たせ致しました・・・R nineTシートを交換です!

お知らせ

お待ちかねのBMW R nineTのシートネタです。

まず、バイクのシートはどのような機能かを再考してみましょう。

我流の考察ですが、バイクのシートは:

    • ライダーが着座した姿勢の体重を支える
    • 上半身と下半身を安定させることで、車輌の操作をし易くする
    • 走行中の振動や揺れを吸収して和らげ、ライダーの疲労を軽減する

※このブログ記事では装飾性は省きます

これらを前提とすると、数時間から終日バイクに乗るライダーの観点では、快適、かつ、操作がしやすいシートを望むはずです。

実のところ、ヨーロッパやアメリカでは、BMWの純正シートはおしなべて固くて不快といった声が多く、中のクッションを変えて厚みを増やしたり、幅を広げてしっかり尻を支えられるようにするカスタムシートが多いようです。

ただし、日本ではバイクのシートは薄く、座面が低いほど尊ばれるといった逆の傾向・需要があるようです。

シートを薄くして座面を下げれば、尻は痛くなるし、膝の曲げ角が窮屈になるのは誰でも分かること。それにも関わらず、なぜ不快で疲れやすくなる事を望むのか理解に苦しみます。

とはいえ、今の時代は他人の価値観をどうこう言うのも野暮なので、こういった柔弱な思想の人達からは距離を置くとしましょう。

バンザイ・モーター・ワークス | R nineT 快適シート

写真の赤いシートは、ご存知BMW製の尻が痛いシート
青は柔らかいインナー素材で厚みを持たせた快適シート。

ハイテク満載のツアラーバイクには無い、プリミティブ(素朴・単純・原始的)な魅力に惹かれて購入したR nineT Urban G/Sですが、実は納車直後から不満だらけです。

その中でも薄型のR nineTのシートは酷すぎる。邪悪さを感じます。(当然、薄いシートは欧米でも評判が悪い。)

私の場合、乗り出して30分もしないうちに座骨周辺が痛くなる。

当店をご利用のR nineTオーナーと話すと「尻が痛いのは自分だけかと思っていた」と愚痴を漏らす方がとても多いです。

バンザイ・モーター・ワークス | R nineT 快適シート

さて、本題へ。

青いシートの評価です!

    • 跨がると想像以上に柔らかく座面が沈む
    • 走り出して加速をする度に尻がシートに沈む
    • 総じて、走行中は常にクッション性を体感できる

新しいシートに交換して約2時間かけて市街地、ワインディング、少しだけダートを走ってみましたがおおむね快適です。

ただし、コーナーリング中もフワフワするので、ラップタイムを意識したサーキット走行には不向きでしょう。

以前はバイクを降りると必ず感じた尻(具体的には座骨)の鈍痛は全く無し。

この快適シートは、ライダー側(前)だけではなく、後部座席側(後ろ)も柔らかいので、タンデムパートナーにも優しいシートであることは間違い無し。

実は、このシートの設計者は往年のパリダカールやラリーの経験者です。

長距離を快適に走るシートが、どうあるべきかを分かっているのでしょう。

どこかで写真のR nineTを見かけたら一声お掛け下さい。是非とも跨がって違いを体感して下さい。

えっ?

 価格が高い?
 足つきが心配?
 固くても次第に慣れる?

そう考える人は、尻の痛みを我慢し続けて下さい。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP

当店の承諾無しに、本ブログの内容の一部、または、全てを引用する事は堅くお断り致します。
テキストのコピーはできません。