個性、快適性、実用性、自己満足を求めるならバンザイ・モーター・ワークス!

【新商品】BMW R nineT スピードメーター・プラス

個人的には、R nineTの魅力は見た目のシンプルさだと思います。

しかし、そのシンプルさはライダーの実用性にまで及び、シフト表示が無く、更には、エンジンの回転数の表示機能までありません。(一部の車種は除く)

ギア表示に関しては、N(ニュートラル)か、それ以外といった二元的な表示。

エンジン回転数は、音と振動で感じる野性的な仕組みといえばいいのだろうか。

これは、ドイツ流のミニマリズムの現れ?
それとも、製造開発コストの影響?

まあ、理由はともかく、私にとっては使い勝手の悪いスピードメーターです。

同じように感じているR nineTオーナーも多いのではないでしょうか。

そんな不満を抱えるR nineTオーナーに朗報です!

このスピードメーター・プラスを取りつければ、現行のシングルスピードメーターにギアとエンジン回転数を表示できるようになります!

スピードメーター・プラス

これでR nineTのシンプルすぎるスピードメーターが、R18のように少し進化して便利になります。

スピードメーター・プラスの3つの機能

スピードメーター・プラスには、3つの魅力的な付加機能があります。

  1. ギア表示
  2. エンジン回転数表示
  3. 親切機能(警告灯の表示管理)

ギア情報は、ディスプレイ右枠に常時表示されます。

エンジン回転数は、メニューでTR1(TRIP1)を選ぶと、ディスプレイ左枠に表示されます。

親切機能は、お馴染みの定期点検を知らせる警告灯(通称:スパナマーク)を、エンジン始動後10秒間だけ表示する仕組みです。つまり、実質的に走行中はスパナマークを見ることはありません。

これは、オーナーが定期点検の通知を見逃すことがないように、同時に、ディーラーの立場を尊重する仕組みでもあります。名前のとおり、双方に親切な仕組みです。

当然ですが、シングルメーターのR18にこの親切機能はありません(笑

スピードメーター・プラスを使った感想と評価

取りつけ前・後を分かりやすくするために、人事評価風に書いてみました。

まず、従来のスピードメーター君の態度:

 ギアはN(ニュートラル)ッス
 今、何速かは知らないッス
 エンジン回転数は知らないッス
 時間や走行距離ならわかるッス
 スパナマーク見てほしいッス

従来のスピードメーター君の評定:

これはメーカーの方針でしょうか。走行中のライダーにスパナマークを執拗にちらつかせるオーナーへの配慮の無さは、大きなマイナス評価とします。

定期点検時期の通知の緊急性は低いはず。それにも関わらず、燃料リザーブやグリップヒーターの表示を遮るように点滅しながらしつこく現れる。その結果、ライダーの集中力を欠き、運転操作に負の影響を与えるように感じます。

R18のシングルメーターでは実装しているギアやエンジン回転数の表示をR nineTではしていない。メーカーの仕様を盾にして、R nineTオーナーに負担をかけていることも大きなマイナス評価とします。

融通が利かず、教えられたことしかできない。しかし、そんな仕事ぶりでも、スピードの出し過ぎの注意目安にはなるし、かろうじてギアのニュートラルだけは認識できる。

ひとまず最低限の仕事をしているのは認めます。しかし、(機械とはいっても)これでは次のチャンスはありません・・・といったギリギリの評価。

したがって、総合評価は30点


 

スピードメーター・プラス君の態度:

 ギア表示が常にできます
 エンジン回転数が必要な時に表示できます
 時間や走行距離も今まで通りに表示できます
 スパナマークの表示は、エンジンをかけた直後だけです

見た目は同じだけれど、心が大きく成長している。

生意気な小学3年生が、突然に高校生くらいまで成長したように感じます。

偉いぞ、と素直に褒めます。

個人的に嬉しいのは、まず、常にギアが表示されるようになったこと。

2番目に超不快なスパナマークの表示が走行中に出なくなったこと。

3番面にエンジン回転数が表示されるようになったこと。

しいてマイナス要素を挙げるなら、電子部品を追加する改造なので、いつかは壊れる可能性があること。それを言ったら、スピードメーターだってヘッドライトの電球だって同じことかもしれない。

スピードメーター・プラスを取りつけて(実質的に)失うものは無し。長所だけが増えました。従って総合評価は実質100点とします。

※上記の記事の一部を削除・修整致しました。(2020年11月16日)

 

総論

BMW特有のアルゴリズムの制約がある中、付加機能をここまで高めることができたスピードメーター・プラスを非常に高く評価します。

取りつけると気がつくことですが、このスピードメーター・プラスは、ライダーが常に安心できるように優しく語りかけてきます。

走行中でも一瞬スピードメーターに目を向けるだけ。スピード、エンジン回転数、ギア表示・・・全てが一つのメーターパネル上に集約されているので見やすいです。

これからは、僕はスピードメーターなんだから、エンジン回転数やギア表示はできないッス、といった野暮なやりとりや、以前のように、定期点検の時期で〜す、見て見て〜、ねぇねぇ〜、ほらほら〜、まだディーラーに行かないの〜、といった執拗なつきまといメッセージから解放されます。(ただし、定期点検は疎かにしないで下さい!)

今までのメーターはなんと不器用だったことか・・・少し哀れに感じます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。