三方よし

よもやま話

ひょんな事をきっかけに、近江商人の「三方よし」という言葉を思い出した。

昔の近江商人は

商売は、売り手・買い手・世間で構成されており、それを三方(さんぽう)

とした。

その三方のバランスを保つことが理想というビジネス哲学

近江商人は素晴らしい!

今の世の中は昔と比べて複雑になったけれど、こういった基本は今も不変かと思います。

自分を戒め、律するためにも、三方の立ち位置で考えられるよう、改めて心がけるとします。

商売人だけでなく、買い手(いわゆる客)や、SNS情報に翻弄されている人にも有益かと思います。

参考リンク: 「三方よし」とは?経営者なら知っておきたい、近江商人の商売の極意

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP

当店の承諾無しに、本ブログの内容の一部、または、全てを引用する事は堅くお断り致します。
テキストのコピーはできません。