アルミケースも格好良く!BMW R1250GS ADV TROPHY

お知らせ

アルミパニアフィルムの施工を担当したモトラッド香川より、お客様の声と写真が届きましたのでご紹介いたします。

https://blog.banzaimotorworks.jp/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

こんなに格好良く仕上がるんですね!モニター画面で見るのと実物を見るのとではやっぱり全然違いますね!ありがとうございます!

お客様やディーラーに喜んで頂けて嬉しい限りです!

バンザイ・モーター・ワークスをご利用頂きましてありがとうございます!
※以下では、アルミケースとアルミパニアは同義語とします。(パニアは物入れ=カゴの意味です)

アドベンチャーバイク用のアルミケースは、大きくて存在感があります。

個人的には傷やへこみのあるユーズド感が好みなのですが、そこは皆さまの色々な考え方があるようです。

https://blog.banzaimotorworks.jp/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

アルミパニアに傷が付くのは嫌だ!

https://blog.banzaimotorworks.jp/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

装飾をして個性を楽しみたい!

そんな方にお勧めするのが当店のアルミパニアフィルムです!

素材は厚み0.2mmのプラスチック系のフィルムで意外と丈夫です。
(ただし、傷つかない、破けないという意味ではありません!)

当店取り扱いのデカール類は、メーカー車輌の雰囲気によく似合い、バイク全体の見映えをより良くするデザインが特長です。

もちろん、アルミケースの表面に傷がついてしまったら、その上からアルミパニアフィルムを貼って上手にカバーする事もできます。

トロフィー車輌にVARIOケースを付けた顧客事例はこちら

残念なことは、これらはメーカー純正パーツではありません。社外パーツは邪道だ、メーカーへの反目だ、何か不具合が起きるかもしれない、メーカーの車輌保証が受けられなくなるかもしれない、などと思う方にはお勧めしません。 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP

当店の承諾無しに、本ブログの内容の一部、または、全てを引用する事は堅くお断り致します。
テキストのコピーはできません。