BMW R nineT Racer ハンドルポジション調整キット (その2)

お知らせ

そのスタイルの魅力をよそに、製造中止になってしまったBMW R nineT レーサー。

その理由は定かではありませんが、当店が販売するハンドルポジション調整キットは安定した人気です。

先日、とあるディーラーから質問が寄せられました。

グリップを取り付ける左右のアームが薄くないですか?

では、実際に現物を計測してみましょう!

果たして、どれくらいの方が古風なノギスの目盛りを読めるのでしょうか?

メンテナンスは自分でしている・・・という方なら読めるでしょう(笑

と、ちょっとふざけてみます。

構造解析は専門外なので、設計者に確認したところ、その回答は「十分すぎる強度」とのことでした。

また、「これが折れる時、ライダーはバイクより自分の命の心配している」と笑われました。

さて、本題に戻ります。

材質はA6061、アームの肉厚は19.2mmあり、上2本 + 下1本、都合3本のボルトで(片側が)固定されています。

常識の範囲でライディングを楽しむなら、強度を心配する必要はありません。

製造中止になってしまったR nineTレーサーですが、このハンドルポジション調整キットを取り付ければ、スポーツライディングはもちろん、いままで辛かったロングツーリングも堪能できるでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気記事

  1. BMW R18 エンジンガード

  2. 【在宅プロジェクト】BMW R nineTのシート固定ボルトを交換!

  3. BMWのドライブシャフトの自主点検

  4. 【新商品】BMW R nineT スピードメーター・プラス

  5. BMW R nineT Racer ハンドルポジション調整キット(その1)

  6. そのステッカー貼り作業、ちょっと待った!

  7. BMW GS Adventureのアルミパニアをグレードアップ!

  8. BMW R1250RT のエンジンガードとオイル交換

  9. BMW R1250RT 2021モデルにエンジンガードとパニアガードを装着

  10. 【在宅プロジェクト】BMW R nineT Urban G/S グラフィックスキット

TOP

当店の承諾無しに、本ブログの写真や記事の一部、または、全てを複写、転載、二次利用する事は堅くお断り致します。
テキストのコピーはできません。