個性、快適性、実用性、自己満足を求めるならバンザイ・モーター・ワークス!

【よくある質問】注意書きステッカー

前回に続き、ステッカーの貼り付け作業に関するよくある質問をご紹介します。

タンクの上のステッカーはどうしたものか?

いざステッカーを貼ろうとすると、直前になって思い悩む方がいるようです。

現在、ディーラーを通じて整備・販売されている車輌には、上記のような目を引くステッカーがタンクの上に都合3枚貼ってあります。

まず、中立な立場で「なぜこのようなステッカーが貼ってあるのか」を説明しておきます。

実際に不始末を起こした人がいるからです。

そんな背景から、注意書きステッカーが貼ってある事を知ってください。

理由があるから貼ってある注意書きステッカーですが、結論からいえば、これらを剥がしても咎められることはありません。

BMW ジャパンは、事故防止のための「消費者への注意喚起」が目的であり、強制力は無い、と正式に回答しています。もし、納車時の状態に戻したい場合は、注意書きステッカーは最寄りのディーラーで購入できるのでご安心下さい。(2018年12月に確認)

また、同時期に国土交通省にも確認したところ、こういった注意喚起のステッカーはメーカーの意向であり、諸法規とは無関係とのことでした。

よって、メーカー推奨の注意書きステッカーを剥がすのは自由です。ただし、繰り返しになりますが、これらの注意書きは、メーカーやディーラーが消費者の安全を願っている表れであることを再認識して下さい。

下記の写真では、ビフォアー・アフターを3段階に分けてまとめました。

① 納車直後の様子
② 注意書きステッカーを剥がした様子
③ ステッカーを貼った後の様子

これをメーカーに逆らう愚行だと笑うのもよし。

自ら、愚か者になろうと思うも良し。

自由を求めるなら、相応の責任がつきまとうのはオトナなら分かると思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。